少年野球のバッティング技術指導法

打撃理論やバッティング技術の指導法については、指導者によって考え方も教え方も違います。

しかし、「力の出し方」という点からタイプ分けすると、すべての打撃理論が2つのタイプに分けられるのです。すなわちトップハンドトルクとウェートシフトです。

この2つのタイプの力の出し方について興味を持たせ、子供と練習するにあたっていかにうまく指導できるかで、少年野球のバッティング技術向上のスピードは変わってきます。


最初は上手く指導できるようなこともないかもしれません。

大人は理解できて飛距離を伸ばすことにも成功するのですが、打球に力を乗せていくようなトップハンドトルクタイプ独特の感触やウェートシフトタイプのヘッドを遅らせて加速させる感覚は、うまく言葉に表現できず、子供には理解しがたいものでもあります。

少年野球のバッティング技術指導法のコンセプトは、「子供にもわかりやすく」が基本です。いかに噛み砕いてわかりやすく表現するかが指導者の腕のみせどころです。



子供にも分かりやすく指導できる!少年野球のバッティング練習法と勝利に導く指導法

少年野球のバッティング技術を向上させるには

少年野球でのバッティング練習については、指導者誰もが「もっと効率的にできないものか」と悩むところです。

バッティング技術向上のためのフリー打撃で指導者を悩ませていることは、

1.ひとりのバッティング練習に時間がかかること
2.子供は片づけと球拾いが大嫌いだということ

ではないでしょうか。


効率よくひとりひとりのバッティング練習をさせながら、バッティング技術の向上を図るには、指導者が正しい指導法を身に付ける必要があります。

子供にも理解できる内容で、バッティング練習に興味を持たせ、継続して練習に臨む姿勢を作り上げることが必要なのです。


少年野球のバッティング技術を向上させるには、監督やコーチ、お父さんが正しい指導法で子供たちを導いてあげなくてはなりません。



子供に興味を持たせる少年野球のバッティング練習法と勝利に導く指導法

少年野球のバッティング指導は父親の願いです

子供は、集中力がなかなか続かないものです。そんな子供にバッティング技術を教えることはとても難しいことに感じるでしょう。

少年野球の指導者ならいざ知らず、父親ともなると、わが子についイライラしてしまったり怒鳴ってしまったりするものです。


少年野球のバッティング指導くらいなら・・・」とは思ってみても、なかなか思い通りに伝えることができず、頭を悩ませている父親も結構いるのです。

わが子のバッティング技術を向上させたいと思っていても、少年野球のバッティング指導法に悩むお父さんは、意外と多いのです。



お父さんにもできる!少年野球のバッティング練習法と勝利に導く指導法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。